蟻やムカデ等の害虫の駆除SOS~NO害虫~

家の中のアリ

作業員

アリは私達の身の回りにいる昆虫で、家の中や庭で見かけることもあります。家の中にアリが大量侵入をしてくることも珍しくなく、人を噛むと大きく腫れて痛みやかゆみを引き起こすこともあるので早急な対応が必要です。

Read More...

コウモリ駆除の依頼

作業員

夏場は様々な害虫が出て来やすい気sつです。コウモリも夏場になると活動を行なっていきます。コウモリの駆除は、来て欲しい場所の住所を伝えることで現地まで行き見積もりを立てていきます。

Read More...

ムカデの被害

ムカデ被害とその処置

作業員

ムカデは、落ち葉の下、石垣の隙間、枕木や切り株の中など、自然多い場所に生息しています。その様な場所での草むしりや作業における被害は多いとされていますが、屋内へ侵入して被害に合う事も過去から多くありました。ムカデに咬まれたら昔では、「口で毒を出す」「つまんで毒を出す」「冷やす」などの自己処置が行われていました。ムカデに咬まれる症状には、腫れ・発赤・頭痛・めまいなどありますが、重篤な場合では壊死・潰瘍・アナフィラキシーという報告も古くからあります。現在では、ムカデ刺されに効果的な治療薬が存在するため、毒だしは行わず直ちに病院で処置を行う傾向にあります。重篤な症状では、事故処理後の放置が原因ともされており、過去からの教訓として現代の人々に知れ渡っています。

ムカデ被害の傾向について

ムカデ被害は、自然環境がある限り発生し続けるものです。ムカデは、アスファルトや建物内でも見受けることがあり、緑豊かな場所で発見と言う事はありません。発見したら直ちにムカデ駆除を行わなければなりませんが、素手や近距離のムカデ駆除は危険です。また、ムカデは1匹の生息に限らず複数の存在の可能性もあります。より効果的なムカデ駆除の為にも殺虫剤の使用が望まれるものとなります。ムカデの繁殖期は今後、夏前から秋にかけて盛んとなります。特に秋には巨大化したムカデを発見する機会が増える傾向が予想されます。巨大化したムカデほどより毒が強いものとなり、咬まれる被害にあった場合には早急な処置が必要となります。今後の夏から秋にかけての季節はムカデ駆除やムカデ屋内侵入予防に警戒しなければなりません。

家を守る

作業員

シロアリは家の木材を食べてボロボロにしてしまいます。シロアリは古い家よりも新しい木材を好むので、新築でも油断することはできません。シロアリ予防をしっかりと行なって対策を立てることで家を守ることができます。

Read More...